3種の代謝をアップすれば痩せられる!


clover1.gif3種の代謝をアップすれば痩せられる!

代謝には、体内に吸収されて活用される『同化作用』と、体外に発散される『異化作用』というものがあります。
太りにくく痩せやすい体をつくるためには、後者の『異化作用』での代謝をあげることが大切です。

異化作用には、「基礎代謝」「生活活動代謝」「DIT(食事誘導性体熱生産)」と呼ばれるものがあり、
これを活発化させることで「太りにくく痩せやすい」夢のような体をつくることができるのです!
では、この3つの代謝とは具体的にはどんなものなのでしょう?


plus_04[1]【痩せる身体をつくる3つの代謝】・・・「基礎代謝」「生活活動代謝」「DIT」

dor.gif「基礎代謝」とは?
基礎代謝とは、私たちが生命を維持するために消費しているエネルギーのことです。
例えば、「呼吸をする」「心臓を動かす」「内臓を動かす」「脳を働かせる」「体温を調節する」等々、生きていくために最低限必要なエネルギー消費をさします。

dor.gif「生活活動代謝」とは?
生活活動代謝とは、私たちが日常生活を行うために身体を動かす時に消費されるエネルギーのことです。
「家事をする」「歩く」「運動をする」「仕事をする」等々。

dor.gif「DIT(食事誘導性体熱生産)」とは?
「DIT(食事誘導性体熱生産)」とは、私たちが食事をしたときに使われるエネルギーのことです。
「食べ物を咀嚼する」「胃腸での消化・吸収」等々。

この3つの代謝をあげることができれば、「太りにくく痩せやすい体」をつくることができるのです。




                                4j.gif



hana4_2.gifダイエットの豆知識
ダイエット成功のためには、「三食きちんと食べる」「夕食は少な目に」が理想です。
ダイエットをしているからと言って、食事の回数を1日2食にしてみても、結局は続かずに反動でドカ食いをしてしまったり・・・といった経験は誰にでもあるのでは?ダイエットは続かなければ意味がありません。それよりも、1日の総カロリーに気をつけて3食きちんと摂った方が挫折せずに続けられます。そして、夕食は少な目に。夜はエネルギー消費量が少なくなります。夕食を食べ過ぎるとカロリーが消費されないまま蓄積されることに!更に、夜は栄養の吸収が高まりますので脂肪として蓄積されやすくなります。お酒を飲んだりする方は、ついついおつまみを食べ過ぎたりしがちですので注意しましょう。1日あたりの摂取カロリーは同じでも、夕食のカロリーを摂りすぎると肥満につながります!バランスを考えて摂るようにしましょう。


>>足痩せ・下半身痩せグッズ通販→

スポンサーサイト

テーマ:代謝をあげる方法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/01/23 11:45】 | 代謝をあげる方法 | page top↑
| ホーム |